業務内容

  • TOP
  • 事務所案内
  • 業務内容
  • サービス相談内容
  • お客様の声
  • 関連リンク集
  • お問い合わせ
TOP > 業務内容

特定就職困難者雇用開発助成金

概要 60歳から65歳未満までの高年齢者、母子家庭の母、障害者など特に就職が困難な人をハローワーク等の紹介を経て雇用した場合に受給できます。
受給額 1週間の所定労働時間により、1人につき40万〜240万円(大企業30万〜100万円)。
ワンポイント!
比較的手続きの容易な助成金です。申請漏れだけは十分に注意しましょう。

高年齢者雇用開発特別奨励金

概要 週20時間以上働く労働者として、満65歳以上の離職者をハローワーク等の紹介を経て雇用した場合に受給できます。
受給額 1週間の所定労働時間により、1人につき40万〜60万円(大企業30万〜50万円)。
ワンポイント!
満65歳以上であれば誰でも助成対象になるというものではありません。雇用保険被保険者資格を喪失した離職日から、3年以内に雇用した者であり、かつ、離職日以前1年間に雇用保険加入期間が6か月以上あった者となります。

雇用調整助成金

概要 事業活動の縮小に伴い、一時的な雇用調整(休業・教育訓練出向 )を行った場合に受給できます。
受給額 休業手当(賃金相当額)・出向元事業主の負担額の2/3(1/2)、教育訓練1,200円。( )内は大企業。
ワンポイント!
1人1日当たりの上限額は、7,810円となります。支給限度日数は、1年間100日(3年間300日)が限度。
ただし平成25年10月1日から1年間で100日、3年間で150日となります。

中小企業両立支援助成金(継続就業支援コース)

概要 育児休業取得者を原職等に復帰させ、併せて職業生活と家庭生活との両立を支援するための研修等を実施した場合に受給できます。
受給額 対象育児休業取得者40万円、2人目から5人目まで15万円。
ワンポイント!
1事業主あたり延べ5人までとし、同一の対象育児休業取得者を再度支給決定の対象者とすることが可能です。

障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金)

概要 中小企業が初めて身体障害者、知的障害者および精神障害者を雇用した場合に受給できます。
受給額 初めて障害者を雇用した日から起算して3ヵ月後の日までに法定雇用障害者数以上の障害者を一般被保険者として雇入れた場合に120万円
ワンポイント!
満65歳未満の身体障害者、知的障害者または精神障害者が対象となります。短時間労働者(週20時間以上30時間未満)として雇入れる場合は2人(重度身体障害者また重度知的障害者を短時間労働者として雇入れる場合は1人)で1人分としてカウントされます。

キャリアアップ助成金(正規雇用転換コース)

概要 有期契約労働者等を正規雇用等に転換、または派遣労働者を直接雇用した場合に受給できます。
受給額 @有期→正規60万円(45万円)A有期→無期30万円(22.5万円)B無期→正規30万円(22.5万円)となります。( )内は大企業
ワンポイント!
正社員等への転換で、いま最も人気の高い助成金です。

キャリアアップ助成金(人材育成コース)

概要 有期契約労働者等に対して教育訓練を行なった場合に受給できます。
受給額
  • 【OFF-JT賃金助成】
    1時間あたり800円(500円)
  • 【OFF-JT経費助成(有期実習型)】
    100時間未満15万円(10万円),100〜200時間未満30万円(20万円),200時間以上50万円(30万円)
  • 【OJT賃金助成】
    1時間あたり800円(700円) ( )内は大企業
ワンポイント!
この助成金の有期実習型の場合、@訓練期間は、3ヶ月から6ヵ月A総訓練時間は6ヵ月で425時間以上BOJTの割合を1割〜9割C訓練終了後にジョブカードの評価シートが必要となります。

キャリア形成促進助成金(若年人材育成コース)

概要 採用後5年以内かつ35歳未満の若年者に対する職業訓練を行った場合に受給できます。
受給額
  • 【賃金助成】
    1時間あたり800円(400円)
  • 【訓練経費助成】
    実費相当額の1/2(1/3)
  • 【若年雇用促進法の事業主が職業訓練を行う場合の訓練経費助成】
    実費相当額の2/3(1/2)。 ( )内は大企業
ワンポイント!
助成金の対象となるOFF-JTは、受講に必要な入学金、受講料、教科書代、外部講師の謝金や手当、施設や設備の借上料などが含まれますが事業主が支払を終えている経費に限ります。

女性活躍加速化助成金

概要 行動計画に女性の活躍に関する取組目標、数値目標を掲げ、女性が活躍しやすい職場環境の整備等に取り組み、目標を達成した事業主が受給できます。
受給額 1企業あたり1回、取組目標達成時に30万円、数値目標達成時に30万円。
ワンポイント!
中小企業だけの対象となります。

企業内人材育成推進助成金

概要 平成28年4月より、この助成金は廃止となりました。キャリア形成促進助成金の「制度導入コース」として創設されます。
受給額 教育訓練・職業能力評価制度等・・制度導入助成50万円(25万円)
ワンポイント!
従業員に対する教育訓練か職業能力評価をジョブカードを活用し、計画的に行う制度を導入し適用した場合に助成します。
ページのトップへ
社会保険労務士法人 岡田労務経営は、労災事故、労使トラブルなどのご相談にも迅速に対応します。
Copyright© 社会保険労務士法人 岡田労務経営 All Rights Reserved.